PEN's Wonder Note

音楽と工作と初音ミクが好きな理系な人のブログ。旧metal_penguinの不思議なノート。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レスポールの回路の改造

去年買ったレスポールタイプの改造をしようと考えている。
ピックアップの交換をするついでに回路もオリジナルの物にしようと考えている。

レスポールにはピックアップセレクターの他に4つのコントロールがある。
それを最大限有効に使って幅広いバリエーションを出せるようにしようと考えて、
以下のような改造を考えた。
・ボリュームノブのプッシュプルでフロントとリアを独立にスプリット出来るようにする。
・オリジナルの回路はそれぞれのピックアップのトーンを独立にコントロール出来るのだけど、
 独立には調整できなくなる変わりにハイパス・ローパスのコントロールに変える。

スプリットするのはスイッチポットの値段が高いのと配線が面倒臭いだけだと思うので、
ここ数日はギターの回路を考えてた。

で、考えたのが以下のような回路。
ギター回路

上記のパラメタで周波数特性をシミュレーションした結果がこちら。
まずは周波数-ゲイン特性。周波数は1Hz-20kHzの範囲で解析した。横軸はログスケール、縦軸はデシベル表記。
ギター回路ゲイン
次に位相特性。感覚的理解では位相変化が0に近いほど出音そのままだという事だと思うけど、ギターの出力段での話だし実際はあまり気にしなくて良いと思う。
ギター回路位相

フルアップした時はなるべくゲインを下げる事が無いようにかつ、
トーン1を絞りきった時にハイパスフィルタのカットオフ周波数を1kHzぐらい、
トーン2を絞りきった時にローパスフィルタのカットオフ周波数が10Hzぐらいになるように設計した。
バンドパスとして使うときは完全にトーンを絞り切ってしまってはダメで気持ち残すぐらいにしないといけない。
どっちも絞り切るとグラフ中のバンドパスの線を20dBぐらい下に平行移動した形になる。
(グラフのBPはVR2=1kΩ、VR1=10KΩ)

作るときにはトーン1をフルアップするってのはVR2を500kΩにするって事で、
トーン2をフルアップするってのはVR1を短絡させる事ってのを間違えて結線しないようにしないと。

おっと、お前いつもフルテン以外は使わないじゃないかってのは言いっこ無しだぜ!
スポンサーサイト
  1. 2013/01/08(火) 00:25:34|
  2. 工作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ギターの録音

 今の世の中にはアンプシミュレータなる便利なものがあって、大きな音を出せない日本の住宅事情でもヘッドフォンから本格的なギターサウンドを聴くことができる。いわゆるライン録りという奴だ。

 しかしヘッドフォンはストレスがたまる。やっぱりアンプから大きな音を出してそれを直接耳で聞く方が信頼できて気分が良い。
 しかしそうなるとギターの音を録音するのにマイクが必要になってくる。マイクというのはセッティング次第で結構音の聞こえ方が変わってくるものでなかなか難しいらしい。

 そこで今日はいろいろとギターの録音の仕方を研究した。理想はやっぱり自分がアンプの音を耳で聞いているサウンドと、録音して聴いたサウンドが同じという状態だと思うがこれはなかなか難しい。

P1000491.jpg
 マイクはRODEのNT-3。結構定評のあるマイクだが実は僕のものではない。基本はコーンのエッジを狙うらしい。
 普段練習する時はこんな感じで練習する。マイクはセットしないけど。

P1000493.jpg
 そして録音する時は後ろの毛布をかける。こうすると周囲のノイズを減らせるし、やや高域が落ちた音になる。ドライな音になるので後でリバーブ等のFXで音を弄り易いということになる。
 この状態で取った音のローをカットする事でまぁまぁ満足する音が録れたがまだまだ奥が深そうである。

P1000492.jpg
 ちなみに今の足元はこんな感じ。イコライザーはEMGを使う時に使用。
 ブルースドライバーは買ったけど、イコライザーとコンプはヤフオクでそれぞれ3000円ぐらいで手に入れた。

 P1000494.jpg
 暑かったので昨日から扇風機が登場しました。 
  1. 2011/04/17(日) 16:34:24|
  2. 工作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の工作② 完成編

 とりあえず完成した。
 どうやら設計通りに音は出るようだ。

P1000470.jpg

 トーンのオン・スルーも切り替えられるし、直列サウンドもフェィズアウトサウンドも出力できる。
 フェィズアウトサウンドはクリーンだと出力がかなり低いため使い道がないけど、歪ませるとイコライザーでハイとローをばっさりカットしたようなサウンドになるので、曲中のブレイクの後にリフを弾いたり…とかで出番があるかも。

 ノイズも若干減ったようだし、直列サウンドだとハムバッカーと同じなので太い音もでるのだが…
 肝心の音が若干微妙かもしれない…

 ストラトはあと一つのIbanezと比べてアンプで音出した時に元気!って感じがするのが自分はかなり気に入ってたんだけど、最初から乗ってたピックアップより微妙に元気がなくなった様な気がする。
 音の傾向は似てる気がするんだけどパワーがないような…

 この回路は接点が多いからそこで信号のロスがある可能性もあるけれど、バッカスのストラトに初めから乗ってたのは結構出力の高いピックアップだったのかもしれない。

 今は安弦(\168!!)を張ってるからいつも使ってるダダリオに交換してからまたちょっと弾いてみよう。
  1. 2011/03/26(土) 17:30:00|
  2. 工作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の工作② 再設計編Ⅱ

 スイッチを買ってきた。単極3投ってのはなかなかニッチな商品らしくなかなか見つける事が出来なかったが、千石電商の2階で発見。流石ですな。

 P1000468.jpg

 単極3投というのはどういう機能かというと、足が6本あってそれぞれを1,2,3,4,5,6とすると
 レバーが左の時:2-3と5-6、中央の時:2-3と4-5、右の時:1-2と4-5
 という風に通電する。

 多分実際の配線図は下のような感じになると思う。

P1000469.jpg

 多分これでいいはず。とりあえず眠いから寝よう。
  1. 2011/03/25(金) 18:30:01|
  2. 工作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の工作② 再設計編

 電気回路について自分自身少し詳しくなりたっかたというのもあって、少し勉強した。
 ギターの内部に流れる電流の仕組みはなんとなくわかった気がする。とりあえずコイルが電流を発生させるというのが結構ミソだったな。

 そこで、この間考えた回路をもう少し真剣に考えてみることにした。
 僕の要求としては
・ストラトのリアのようにトーンを通らない硬い音が欲しい
・だけど一応トーンも効かせられるようにしたい
・使い道があるかわからないが、シングルの直列接続やフェイズアウトサウンドを出力できたら面白いかも
・コントロールは1ボリューム、1トーン、5wayセレクターとなにか1つ

 そんなんで考えた回路がこちら。(変な文字が入ってるけど急いで作ったので赦して)
 多分これでいいはず!

kaizou3.jpg

 トグルスイッチに単曲3投型を用いることによって、ノーマルのストラトモードではトーンのオンとスルーを選択出来る。またスペシャルモードも使用できこちらは常にトーンが効くことになる。

 この配線で14種類の音色を扱える事になるが、使い勝手が良いかは微妙。
 これでまた秋葉原にスイッチを買いに行かなくてはならない。しかし秋葉原はオタクにとって聖地だが、工作好きにとっても聖地だよな。この2つには相関があるのかもしれない。

 いつか授業に来たお偉いさんが技術者になるための心構えみたいなのを話してた時に、「ジェネラリストの観点を持ったスペシャリスト(専門家)になるか、スペシャリストの観点を持ったジェネラリストになるか」みたいな話をしてたような気がするが、そんな感じで言うならば僕は「アーティストの観点を持ったエンジニア」になりたい。
  1. 2011/03/25(金) 04:52:13|
  2. 工作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。