PEN's Wonder Note

音楽と工作と初音ミクが好きな理系な人のブログ。旧metal_penguinの不思議なノート。

春の工作② 完成編

 とりあえず完成した。
 どうやら設計通りに音は出るようだ。

P1000470.jpg

 トーンのオン・スルーも切り替えられるし、直列サウンドもフェィズアウトサウンドも出力できる。
 フェィズアウトサウンドはクリーンだと出力がかなり低いため使い道がないけど、歪ませるとイコライザーでハイとローをばっさりカットしたようなサウンドになるので、曲中のブレイクの後にリフを弾いたり…とかで出番があるかも。

 ノイズも若干減ったようだし、直列サウンドだとハムバッカーと同じなので太い音もでるのだが…
 肝心の音が若干微妙かもしれない…

 ストラトはあと一つのIbanezと比べてアンプで音出した時に元気!って感じがするのが自分はかなり気に入ってたんだけど、最初から乗ってたピックアップより微妙に元気がなくなった様な気がする。
 音の傾向は似てる気がするんだけどパワーがないような…

 この回路は接点が多いからそこで信号のロスがある可能性もあるけれど、バッカスのストラトに初めから乗ってたのは結構出力の高いピックアップだったのかもしれない。

 今は安弦(\168!!)を張ってるからいつも使ってるダダリオに交換してからまたちょっと弾いてみよう。
スポンサーサイト
  1. 2011/03/26(土) 17:30:00|
  2. 工作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ギターの録音 | ホーム | 春の工作② 再設計編Ⅱ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fusiginote.blog115.fc2.com/tb.php/118-8443e04f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)