PEN's Wonder Note

音楽と工作と初音ミクが好きな理系な人のブログ。旧metal_penguinの不思議なノート。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

LoopMIDIを使って曲作りのフローを改善した話

LoopMIDIというソフトが結構便利で、それを使ってワークフローを改善したよという話。備忘録もかねて紹介します。
LoopMIDIというのは、仮想的なMIDIケーブルのようなものだろうか?
例えば、あるソフトのMIDI出力をあるソフトのMIDI入力に利用できる。
参考→http://forest.watch.impress.co.jp/docs/review/561423.html

僕の場合、曲作りの最初のスケッチではStudio ftn score editorというソフトを使うことが多いのだけど、
このソフトはASIOを使えないので、普通にMIDIキーボードで入力しても悪名高きMSGSではレイテンシが大きすぎて使い難い(50msecとかのレベル)。
まぁ昔はMIDI信号をハード音源に送ってそれを録音するというような使い方がMIDIの基本だったのだろう。

そこで、LoopMIDIの登場である。LoopMIDIをインストールしておけば、先ほども言ったように仮想的なMIDI出力、入力ができるのでStudio ftn score editorのMIDI出力先にLoop MIDIを設定し、スタンドアロンで動作するASIO対応のソフトシンセを別に立ち上げ、そのMIDI入力にLoopMIDIを設定する。例えばNIのKontaktなんいかは無料で使えるような音色もあるので、それを立ち上げておけばスケッチ作りには困らない。


個人的にはこれで大きく2つのワークフローを改善できると思っている。
① モバイル環境で実用的なスケッチ、作曲環境が出来る。
② 上では適当なソフトシンセを使えばと書いたが、メインのDAW上のソフトシンセをコントロールすることもできる。すなわち、使い勝手の良いスコアエディタで、直接メインのDAW上で曲作りを進めて行くことが出来る。

①については、ノートPCなどにStudio ftn score editorとLoopMIDIとasio4allと適当なシンセを入れておく。あと、適当なMIDIキーボードがあれば実用的なモバイルの作曲環境の出来上がり。
Studio ftn score editorで作った曲は、SMFで吐き出したのをメインDAWで読み込んでも良いし、LoopMIDIの出力先にメインDAWの各チャンネルを割り当ててMIDI録音しても良い。これで、シーケンスをメインのDAWで細かく調整すれば良い(特にベロシティ、デュレーションなどはピアノロールの方が圧倒的に調整しやすい)。
余談だけど、ノートPCにはGPD PocketというPCを使用する予定(現在納品待ち)。環境の完成が待ち遠しい。




②については、Studio ftn score editorはその名の通り楽譜を作りながら曲を作っていけるのが良くて重宝しているが、オーディオのパフォーマンスはあまりよろしくない。
ただ、曲作りを始める前に音楽理論を学んだ時から随分と長いこと使っていて使い慣れているし、実力としても結構使いやすいと思っている(FinaleとかSibeliusとか使ったことないけど)。

個人的には一般的なDAWのスコアエディタはあまり出来がよろしくない(個人的にはSONARもCubaseもスコアエディタは使い勝手が悪い)。
なので、これまで大体
スコアエディタで楽譜作成→メインDAWで打ち込み、オーディオ録音、ミキシング
という流れで作ることが多く、メインのDAWとは別にスコアエディタで作曲し、それからメインのDAWのシーケンスを作るという作業で手間がかかっていたが、メインのDAWで作業ができる環境であれば、直接MIDI信号をメインのDAWに送ってシンセをコントロールして、最初から最終的に使う音色で作曲を進めて行くことが可能になった。





【余談】
スコアエディタとして使っているのは、PCで作業する時はStudio ftn score editorというソフトを使っているし、
モバイルでかなり優秀だったのは、Nintendo 3DSの大合奏バンドブラザーズというソフトの作曲機能。
(以前ニコニコ動画に投降した曲は全てこのゲームソフトの作曲機能で作った。ただ、これだと当然SMF出力など無いので100%シーケンスは0から作らないといけないけども。)

この記事は、「曲を作る時には楽譜から作りたいけど、一般的なDAWのスコアエディタの使い勝手良くなくて悩んでいる」
って人にとっては役に立つ話かもしれない。
楽譜を見ながらだと他のパートの動きがわかりやすいし、音符の方がピアノロールのバーより味があって好きだ。
機械屋の基本が図面なのと、音屋の基本が楽譜ってのはなんとなく相通じるものがあるような気がする。



【ビットコイン寄付先】
1KnYr22rcYYEDSvv4Mm7oBvzap6rmeTsgV
スポンサーサイト
  1. 2017/09/17(日) 22:41:49|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | 久しぶりにPCを弄った話>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fusiginote.blog115.fc2.com/tb.php/159-300e2bb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。