PEN's Wonder Note

音楽と工作と初音ミクが好きな理系な人のブログ。旧metal_penguinの不思議なノート。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

四つ打ち

今回作っている曲は典型的な四つ打ちだが、こういうエレクトロとかダンス的な感じではキックってかなり前に来てるイメージあるし、その音色も結構重要な要素だと思う。

今までキックのイコライジングって40Hzより上をハイパスにしてたんけど、これはアカンって事に気付いた。
どうしてもミックスした時にキックの音が硬いような気がしてたのだが、ハイパスをバイパスしてみると音が柔らかくなる。これは結構明確にわかる変化で驚きだった。

これからはキックやベースの低音はハイパスよりシェルビングでカットする方が良さそうだ。



それから、ピーキングのQを凄く狭くし思いっきりブーストしながら周波数を変えてみると打楽器系では結構面白い音が作れるという事も知った。フィルターでいうレゾナンスみたいなものか。

特にスネアの6KHzぐらいをこのやり方でブーストするとなかなか抜けの良い軽い音になる。重さは全然無くなってしまうので、バンド系のサウンドには向かなそうだが、リアルな音色が必要ないエレクトロとかでは使えそうな気がする。

スポンサーサイト
  1. 2010/06/24(木) 02:01:01|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<間奏 | ホーム | FFXIVベンチマーク>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fusiginote.blog115.fc2.com/tb.php/31-e0e26d73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。