PEN's Wonder Note

音楽と工作と初音ミクが好きな理系な人のブログ。旧metal_penguinの不思議なノート。

スピーカー選び その2

今日は秋葉原に行ってスピーカーを試聴してきた。

行った店はダイナミック・オーディオ5555という店だ。
1階にはヘッドフォンを見に行った時に立ち寄った事があるが、今日は2階がメインだった。

まず2階に入った瞬間思ったのが、この店お洒落だという事。
僕のような若造には似つかわしくない雰囲気が漂っていた。

お目当ての機種はFostex GX100というスピーカーである。
店内をぐるりと見回してすぐに発見できた。

しかし、その時流れていたのは違うスピーカーの様だ。
しばらくその音を聴いていたのだが、これが実に良い音なのである。

ボーカルがセンターの奥に位置しながらも、左右で前にラッパを吹いているオジサン達が目に見えるかの様に聞こえる。これは凄い奥行き感だ。衝撃的であった。さらに定位もバッチリ、左右の広がりも空間に包みこまれるかのような感覚に囚われる。
低域は少し弱いと思ったが、スピード感がある感じがして僕はこういう音は好きだ。

しかしこのスピーカーは僕が調べていた限りでは知らなかった。メーカーがELACと書いてあるが、イラックって読むのかなぁと友達と話していたレベルだ。(本当はエラックらしい)

これはオーディオというのは物凄いなぁと思って、世間での評判が良いGX100はどんな音がするのやら楽しみで仕方がなかった。

優しい店員さんが話掛けてくれたので、僕のようなこの場に似つかわしくない雰囲気の人でも、GX100を試聴させてもらえた。

ドキドキして聴かせてもらうと、あれ?というのが正直な印象。
低音は濁ってるし、なんだか定位もぼやけ気味で、音も抜けきらない。

セッティングを変えてもらってしっかりセッティングして貰っても、低音の表情は硬いし、奥行きもあまり感じられず、暖かかみの無い音がする。定位は明確の様な気がするが、左右の広がりはそれほど感じないし、なによりクリアな感じがしなかった。

そこでやっぱり前のやつの方が良いですとワガママを言った。
なんと更に、自作CDで聴かせてくださいと言ったのだ。俺強しと自分でも思った。
優しい店員さんの方々、ホント申し訳ありません。

こんなお洒落な店で流れるボーカロイド楽曲達。お客さんはあまりいなかったが、間違いなく良い気持ちはしなかったろう。

そうするとこのスピーカーの凄さがわかるわかる。ソラノキオクはこれ以上は音圧あがらないだろうと思ってたのに、まだまだ隙間は空いてるし、ボーカルも前に張り付いてしまってる。4つ打ちなのにキックはあまり前に来てないし、全体的に奥行きはこれっぽちもない。これは自分のミックスの下手さを痛感した。逆に少し前のミックスになるAOHARUは意外とミックスがまともだって事に気づく。絶対領域は流石に恥ずかしいので流さなかった。

いやーホントにこのスピーカー半端ねぇなと思った。値段も10万円ぐらいで、GX100が8万ぐらいなのでこれは買いだろ。GX100は僕の中ではそんなに良いかねぇ?というのが正直な気持ち。

店員さんといろいろ話すとこのスピーカーは水曜日に入荷したばかりとの事。低域も弱いと思ってたがメーカー公称値では46Hzが下限だった。それは少し嘘くさいなと思ったけど。



しかし、この店員さん2階のフロアマスターの方らしいが、実に店員の鏡なのである。
結構話し込んでこんだけ我儘を言ったんだから、ここで買わないとなんだコイツ?って思われるかなと思ったんで、「今ちょっと財布が怪しいんでバイト代が10日に入るので売約済みって事にしてもらえますか?」と聴いたら、「初期ロットの奴が何本か入荷しているので、バイト代が入ってからで別にいいですよ」とイヤな顔一つせず、気楽に答えてくれた。量販店だとこうはいかないと思う。
さらにこんだけ我儘を言って何も買わないで買えるのは悪いと思ったので、オーディオボード(インシュレータの下に置く石)でも買って帰ろうかと思い「オーディオボードって効果ありますかね?」って尋ねると、「お客様がスピーカーをお買いになられて、好みの音になるようにセッティングしていけば良いと思うので、今は必要ないと思います」的な事を言ってくれた。客に無理に買い物を勧めない。これは素晴らしい。
量販店だと「いやー全然違いますよ。やっぱり高い奴を使うと音も全然変わってきますしね~」とか言い出すに違いない。
今日はホントにどうもありがとうございました。名刺も頂きましたし、僕はこの店のファンになります。



家に帰ってきて、ELACのホームページに行ってみると、ELAC BS182というスピーカーだそうだ。
http://www.yukimu.com/newsFrameset.html

店員さんにも教えてもらったがこのスピーカーの特徴は簡単に言うと
・JET3という従来の振動版を震わせて音を出す方式とは違う方式のツィーター
・ボトムが特徴的で台座に足があり、その隙間にバスレフポートがあってその距離が決まっているのでそれでチューニングをしている。これはリアバスレフなどの設置が困難な所でも有効であり、フロントバスレフのように音を濁すこともないらしい。

まだ発売されたばかりだけど、これはこれから売れると思うなぁ~
僕は資金の調達が完了次第絶対買いに行きます。店員さん待っていてくださいね!(何)
今日はホントにどうもありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2010/07/04(日) 23:30:42|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<玄人志向 CMI8787-HG2PCI | ホーム | ソラノキオク>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fusiginote.blog115.fc2.com/tb.php/40-0b16b9cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)