PEN's Wonder Note

音楽と工作と初音ミクが好きな理系な人のブログ。旧metal_penguinの不思議なノート。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

問題解決

最近E-MU 0404 USBの調子が悪かったがその問題が解決した。

結論から言うとやはりグラフィックカードを挿しているスロットに問題があったようだ。



Catalystのバージョンを変える時にデバイスドライバをアンインストールするのだが、その時(ドライバが入って無い状態)はGuitarRigを使いながらネットを見たり、わざと負荷をかけても音切れが発生しなくなることがわかった。

これでグラフィックカードが元凶であることが判明した。

次に怪しいと思ったのがCatalystのバージョンである。しかしこれは勘が外れた。いくつかバージョンを試してみたが音切れは同じように発生する。

5000シリーズはドライバが未成熟なのかと思い始め、以前の4670に戻すかなと思っていた時に、ダメ元で挿す位置を変えてみるかと思いついた。

僕が使っているHD5750は2スロット占有のクーラーなので、一番上のスロットに挿すとPCIExpress(2.0では無い)が使えなくなる。いずれPCIExpress接続のサウンドカードを買うかもしれないと思い、ここを使えるようにする為に、2番目のPCIExpress2.0スロットにグラフィックカードを挿していた。

これを一番上に挿し替えて起動し、Catalystをインストールすると(バージョンは10.6)負荷をかけても音切れなく再生出来るようになった。



dpcLatencyCheckerというツールがあるが、ドライバをインストールしてない時に比べると、時々大きなレイテンシーが生じるがASIOを利用するソフトウェアで不具合が起きなければ良いと思うので無視することにする。
スポンサーサイト
  1. 2010/07/07(水) 00:38:01|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ELAC BS182 | ホーム | 玄人志向 CMI8787-HG2PCI>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fusiginote.blog115.fc2.com/tb.php/42-07e69d33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。