PEN's Wonder Note

音楽と工作と初音ミクが好きな理系な人のブログ。旧metal_penguinの不思議なノート。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Xeon E3-1245 v3 レビュー

先週発売になったHaswellですが、発売日に買ってきました。
全世代のIvy Bridgeからそれほど性能向上は大きくないとの前評判でしたが、
初代Corei7-920を使っていた事もあり、Haswellへの移行を行いました。
その使用感と各種ベンチ結果をレビューしたいと思います。

・なぜi7ではなくXeonか?
名前がカッコいい+若干のお得感
昔はXeonと言えば、高級なイメージでしたがE3シリーズが追加されてからは
普及価格帯にまで値段が下がりました。

・i7 4770とE3 1245-v3の違い
http://ark.intel.com/compare/75462,75122
定格周波数は3.4GHzで同じですが、TB時の周波数が4770の方が0.1GHz高速です。
また、オンボードグラフィックスが4770がHD 4600なのに対し、
1245はP4600というOPEN GLに最適化されたグラフィックスになっているようです。
あとはECCメモリのサポートがあるかないか。

・構成
M/B: ASRock Fatal1ty H87 Performance
CPU: Intel Xeon E3-1245 v3
CPU Cooler: ENERMAX ETS-T40
Memory: UMAX Cetus DCDDR3-8GB-1600OC(Non ECC)
VGA: Zotac GeForce GTX660 2GB
BD: Drive PIONEER BD-RW BDR-207D
System drive: Inetl 330 Series SSDSC2CT180A3K5
PS: Antec True Power NewTP-550
OS: Windows7 Ultimate
WS000000.jpg


・使用感
まだ1週間ですが、いきなりのBSoD等はありません。
疑心暗鬼気味になるので、動作がもっさりしてる気がする事はあります。
CPUがかなり細かく周波数を変えているようなので、それが最適化されてないのかなと思っています。
この辺は今後のBIOSアップデートに期待したいですね。

また、メモリをDDR3-1600動作させるとOCCTですぐエラーを吐いて止まるという現象が見られました。
メモリとマザーもしくはCPUの問題と完全に切り分けできた訳ではないですが、
DDR3-1333動作させる事で無事に8時間回る事を確認しました。

・ベンチ結果
自分で取った比較対象のデータを持っていないのですが、
ここ↓を参考に比較を行いました。理由はVGAがGTX 660で同じだからです。
http://northwood.blog60.fc2.com/blog-entry-6790.html
自分が行ったのは、SuperPi、wPrime、PCMark 7、CINEBENCH R11.5です。
===================================
Super Pi 1M: 9.775sec
Super Pi 32M: 109.994sec
wPrime 32M: 7.358sec
wPrime 1024M: 226.405sec
CINEBENCH R11.5 CPU: 7.87pts
CINEBENCH R11.5 OpenGL: 72.14fps
PCMark 7: 5434
===================================

殆どのベンチで4770Kはもとより3770Kに勝てないという結果になりました。
唯一、OpenGLは良かったですが。
定格周波数、TB周波数ともに0.1GHz低いと考えると妥当かも知れません。
検証の為にOC出来れば良かったのですが、H87ではそれは出来ません。
今回、Hシリーズ買ってみて思ったのは、Zシリーズ買っとこうよという事。
オーバークロック設定弄れないのは思ってたより色々と不便です。
資金的な問題からケチったのですが、良くない。これは良くないよ。反省した。

・おまけ
自分がPCの環境を一新した最大の理由は、
DTMを行う上で処理能力についてi-7920では限界を感じたからです。

具体的には、トラック数やエフェクトが増えるに連れ、
演算が増大し、バッファが不足しノイズが乗ることが増えます。
i7 920の時点で、OCする事によっていくらかそれを減らす事が出来る事が分かっていたので、
処理能力を向上させる事で、レイテンシーを減らせる事を期待した訳です。

自分が使っているオーディオIFはPCIexpress接続のE-MU1616mPCIeというモデルです。
i7-920の時は、44.1KHzで入力から出力まで8.6msecで設定すると、ファイルが重くなると
少しずつノイズが乗ることがあり、プロジェクトの終盤では10.8msecにして使っていました。
ギターを弾く上で殆どその違いを感じる事は無かったのですが、10msecを切りたいと思っていました。

今回、E3-1245v3に乗り換えて同じプロジェクトを再生すると、8.6msecでも安定して再生する事が出来ました。
6.4msec行けるかなと思ったのですがキツイようで。
もう少しで行けそうな気がするのに、ここでオーバークロックが出来ないのが大変残念。

やはり自作erはオーバークロック設定弄れてナンボですね。
この反省が、今回プラットフォームを移行しての最大の収穫でした。

誰か、i7-920のプラットフォームと引き合えに、Z77かX79のプラットフォーム交換してくれないかな~
  1. 2013/06/08(土) 13:20:38|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

非日常

久々にスタジオに行って一時間集中してドラムを叩いた。
終わった後、耳が少し麻痺した感じになった。
やっぱりドラムは音大きいね。

家に帰ってきたら散らかってるゴミを片付けたくなった。
普通の毎日の中に少し非日常が交じると、色々な事に前向きになれる気がする。

常に目新しい事をするよりは、時々こうやって自分が驚くような事を混ぜるぐらいが僕には調度良い。
  1. 2013/05/09(木) 22:27:43|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電磁気学

現在はコンピュータが発達してきて、
場の物理法則を記述する方程式が存在すれば
それをどうにかして解く事が出来る手段が発達してきた。

逆に言えば、その物理場を記述する方程式の理解が不十分だと、
本当に起きる物理現象を予測する事が出来ない。
しかし、一応何かしら答えが出るので万能であるかのように錯覚しがちになる。

今の僕はただ適当に解析プログラムを使ってこんな結果が出ました
ってだけに陥りつつあるから、それには気をつけないと行けない。

もう一度腰を据えて電磁気学の勉強をしようか。
  1. 2013/05/08(水) 20:20:40|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

就職活動

就職活動が終わった。
最中は不安になる事も多かったけど、なんとか乗り切る事が出来てホッとしている。

メーカーには絞ってたけど受けた業界は結構バラバラだった。
研究を活かせるのは精密系だけど、
重工や自動車等の機械系らしい産業に憧れが強くて、
結局、重工に行く事にした。

今はもっぱら残りに学生生活で何をやっておくべきかを考えてる。
バイク欲しいし、その為に2輪の免許も取らないといけないし、
曲も作りたいし、友達と夏フェスにも参加したいし、バンドもやりたい。

僕が憧れるのはバイクで適当に走って、
景色が良い所で気の向くままに作曲してみたりとか。

モバイル作曲環境としてi padでガレージバンドとか考えてるけどどうなんでしょう。
Mac bookも良いけど少し気構えてしまうかな。
  1. 2013/04/23(火) 23:53:25|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レスポールの回路の改造

去年買ったレスポールタイプの改造をしようと考えている。
ピックアップの交換をするついでに回路もオリジナルの物にしようと考えている。

レスポールにはピックアップセレクターの他に4つのコントロールがある。
それを最大限有効に使って幅広いバリエーションを出せるようにしようと考えて、
以下のような改造を考えた。
・ボリュームノブのプッシュプルでフロントとリアを独立にスプリット出来るようにする。
・オリジナルの回路はそれぞれのピックアップのトーンを独立にコントロール出来るのだけど、
 独立には調整できなくなる変わりにハイパス・ローパスのコントロールに変える。

スプリットするのはスイッチポットの値段が高いのと配線が面倒臭いだけだと思うので、
ここ数日はギターの回路を考えてた。

で、考えたのが以下のような回路。
ギター回路

上記のパラメタで周波数特性をシミュレーションした結果がこちら。
まずは周波数-ゲイン特性。周波数は1Hz-20kHzの範囲で解析した。横軸はログスケール、縦軸はデシベル表記。
ギター回路ゲイン
次に位相特性。感覚的理解では位相変化が0に近いほど出音そのままだという事だと思うけど、ギターの出力段での話だし実際はあまり気にしなくて良いと思う。
ギター回路位相

フルアップした時はなるべくゲインを下げる事が無いようにかつ、
トーン1を絞りきった時にハイパスフィルタのカットオフ周波数を1kHzぐらい、
トーン2を絞りきった時にローパスフィルタのカットオフ周波数が10Hzぐらいになるように設計した。
バンドパスとして使うときは完全にトーンを絞り切ってしまってはダメで気持ち残すぐらいにしないといけない。
どっちも絞り切るとグラフ中のバンドパスの線を20dBぐらい下に平行移動した形になる。
(グラフのBPはVR2=1kΩ、VR1=10KΩ)

作るときにはトーン1をフルアップするってのはVR2を500kΩにするって事で、
トーン2をフルアップするってのはVR1を短絡させる事ってのを間違えて結線しないようにしないと。

おっと、お前いつもフルテン以外は使わないじゃないかってのは言いっこ無しだぜ!
  1. 2013/01/08(火) 00:25:34|
  2. 工作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。